hana_shinのLinux技術ブログ

Linuxの技術情報を掲載しています。特にネットワークをメインに掲載していきます。

ncコマンドの使い方

1 ncコマンドとは

TCPUDPのエコーサーバを起動することができます。 私の場合、サーバ、クライアントの2台構成で、TCPのコネクション確立/開放やTCPの状態遷移等を確認するための実験に使っています。

2 検証環境

2. 1 ネットワーク構成

サーバとクライアントの2台構成です。図中のens33はNICの名前です。

                          192.168.2.0/24
client(ens33) -------------------------------------(ens33) server
        .115                                       .120

2.2 版数

サーバ、クライアントともに下記版数です。 CentOS版数は以下のとおりです。

[root@server ~]# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.9.2009 (Core)

カーネル版数は以下のとおりです。

[root@server ~]# uname -r
3.10.0-1160.el7.x86_64

3 netcatパッケージのインストール方法

サーバとクライアントで下記コマンドを実行します。 netcatパッケージはepelリポジトリにあるので、まず、epel-releaseパッケージをインストールします。

[root@server ~]# yum -y install epel-release

次に、netcatパッケージをインストールします。

[root@server ~]# yum -y install netcat

ncコマンドの版数を確認します。版数は次のとおりです。

[root@server ~]# nc -v
Ncat: Version 7.70 ( https://nmap.org/ncat )
Ncat: You must specify a host to connect to. QUITTING.

なお、ncコマンドは、以下のように最終的にncatコマンドへのシンボリックリンクとなっています。 どちらを使っても同じですが、本記事ではncを使います。

[root@server ~]# ls -l /usr/bin/nc
lrwxrwxrwx. 1 root root 22 10月 17 09:08 /usr/bin/nc -> /etc/alternatives/nmap
[root@server ~]# ls -l /etc/alternatives/nmap
lrwxrwxrwx. 1 root root 13 10月 17 09:08 /etc/alternatives/nmap -> /usr/bin/ncat

4 オプション一覧

オプションは以下のとおりです。なお、ncatのmanページを参照することで、全てのオプションを参照することができます。

[root@server ~]# nc -h
Ncat 7.70 ( https://nmap.org/ncat )
Usage: ncat [options] [hostname] [port]

Options taking a time assume seconds. Append 'ms' for milliseconds,
's' for seconds, 'm' for minutes, or 'h' for hours (e.g. 500ms).
  -4                         Use IPv4 only
  -6                         Use IPv6 only
  -U, --unixsock             Use Unix domain sockets only
  -C, --crlf                 Use CRLF for EOL sequence
  -c, --sh-exec <command>    Executes the given command via /bin/sh
  -e, --exec <command>       Executes the given command
      --lua-exec <filename>  Executes the given Lua script
  -g hop1[,hop2,...]         Loose source routing hop points (8 max)
  -G <n>                     Loose source routing hop pointer (4, 8, 12, ...)
  -m, --max-conns <n>        Maximum <n> simultaneous connections
  -h, --help                 Display this help screen
  -d, --delay <time>         Wait between read/writes
  -o, --output <filename>    Dump session data to a file
  -x, --hex-dump <filename>  Dump session data as hex to a file
  -i, --idle-timeout <time>  Idle read/write timeout
  -p, --source-port port     Specify source port to use
  -s, --source addr          Specify source address to use (doesn't affect -l)
  -l, --listen               Bind and listen for incoming connections
  -k, --keep-open            Accept multiple connections in listen mode
  -n, --nodns                Do not resolve hostnames via DNS
  -t, --telnet               Answer Telnet negotiations
  -u, --udp                  Use UDP instead of default TCP
      --sctp                 Use SCTP instead of default TCP
  -v, --verbose              Set verbosity level (can be used several times)
  -w, --wait <time>          Connect timeout
  -z                         Zero-I/O mode, report connection status only
      --append-output        Append rather than clobber specified output files
      --send-only            Only send data, ignoring received; quit on EOF
      --recv-only            Only receive data, never send anything
      --allow                Allow only given hosts to connect to Ncat
      --allowfile            A file of hosts allowed to connect to Ncat
      --deny                 Deny given hosts from connecting to Ncat
      --denyfile             A file of hosts denied from connecting to Ncat
      --broker               Enable Ncat's connection brokering mode
      --chat                 Start a simple Ncat chat server
      --proxy <addr[:port]>  Specify address of host to proxy through
      --proxy-type <type>    Specify proxy type ("http" or "socks4" or "socks5")
      --proxy-auth <auth>    Authenticate with HTTP or SOCKS proxy server
      --ssl                  Connect or listen with SSL
      --ssl-cert             Specify SSL certificate file (PEM) for listening
      --ssl-key              Specify SSL private key (PEM) for listening
      --ssl-verify           Verify trust and domain name of certificates
      --ssl-trustfile        PEM file containing trusted SSL certificates
      --ssl-ciphers          Cipherlist containing SSL ciphers to use
      --ssl-alpn             ALPN protocol list to use.
      --version              Display Ncat's version information and exit

See the ncat(1) manpage for full options, descriptions and usage examples

5 事前準備

テストに使うためのポート番号(TCP/UDPの11111番ポート)を解放します。 ポートの開放は以下のように実行します。なお、firewall-cmdコマンドの使い方は、firewall-cmdの使い方 - hana_shinのLinux技術ブログを参照してください。

[root@server ~]# firewall-cmd --add-port=11111/tcp
success

UDPのポート番号開放は次のように実行します。

[root@server ~]# firewall-cmd --add-port=11111/udp
success

開放したポート番号を確認します。

[root@server ~]# firewall-cmd --list-ports
11111/tcp 11111/udp

6 IPv4オプションの使い方

6.1 TCPソケットの使い方

サーバ側でncコマンドを実行します。 ncプロセスが、11111番ポートでListenするようにします。 -kは複数クライアントとTCPコネクションを同時に確立するためのオプションです。

[root@server ~]# nc -kl 11111

もう1つターミナルを開きます。そして、lsofコマンドを実行します。 ncプロセスがLISTEN状態であることがわかります。LISTEN状態は、TCPの状態のうちの1つです。 なお、lsofコマンドの使い方は、lsofコマンドの使い方 - hana_shinのLinux技術ブログを参照してください。

[root@server ~]# lsof -c nc -a -i -a -nP
COMMAND  PID USER   FD   TYPE DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
nc      1439 root    3u  IPv6  20378      0t0  TCP *:11111 (LISTEN)
nc      1439 root    4u  IPv4  20379      0t0  TCP *:11111 (LISTEN)

次に、クライアントでncコマンドを実行します。

[root@client ~]# nc 192.168.3.120 11111

クライアントでncコマンドを実行すると、以下のように3 Way Handshakeが実行され、TCPコネクションが確立されます。

                                192.168.2.0/24
                 client                              server
                   | .115                        .120  |
                   |                                   |
                   |                                   |<-- nc -kl 11111
                   |                                   |
nc server 11111 -->|--------------- SYN -------------->|
                   |<-------------- SYN+ACK -----------|
                   |--------------- ACK -------------->|
                   |                                   |

次に、サーバ側でポート番号を確認します。 クライアントとTCPコネクションが確立されたことがわかります(★)。

[root@server ~]# lsof -c nc -i -a -nP
COMMAND   PID USER   FD   TYPE DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
nc      37007 root    4u  IPv4  88205      0t0  TCP *:11111 (LISTEN)
nc      37007 root    5u  IPv4  88206      0t0  TCP 192.168.2.120:11111->192.168.2.115:34082 (ESTABLISHED) ★

クライアントからサーバにデータ(12345)を送信してみます。

[root@client ~]# nc 192.168.2.120 11111
12345

サーバで受信したデータを確認します。クライアントが送信した文字列を受信したことがわかります。

[root@server ~]# nc -kl 11111
12345

6.2 UDPソケットの使い方

クライアントからのUDPパケットを11111番ポートで待ちます。

[root@server ~]# nc -ul 11111

lsofコマンドを実行します。 UDPの11111番ポートで受信待ちであることがわかります。

[root@server ~]# lsof -c nc -i -a -nP
COMMAND  PID USER   FD   TYPE DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
nc      2051 root    3u  IPv6  28056      0t0  UDP *:11111
nc      2051 root    4u  IPv4  28057      0t0  UDP *:11111

クライアントからサーバにデータ(12345)を送信します。

[root@client ~]# nc -u 192.168.2.120 11111
12345

サーバで受信したデータを確認します。クライアントが送信した文字列を受信したことがわかります。

[root@server ~]# nc -ul 11111
12345

6.3 送信元ポート番号を指定する方法(-p)

-pオプションは、送信元ポート番号を指定するオプションです。 オプションの動作確認するため、まず、サーバ側は、TCPの11111番ポートでListenします。

[root@server ~]# nc -kl 11111

もう1つターミナルをひらいて、tcpdumpを実行します。 なお、tcpdumpの使い方は、tcpdumpの使い方(基本編) - hana_shinのLinux技術ブログを参照してください。

[root@server ~]# tcpdump -i ens33 port 11111 -nn

次に、クライアントからサーバにデータを送信します。 このとき、-pオプションを使って送信元ポート番号を22222に指定します。

[root@client ~]# nc 192.168.2.120 11111 -p 22222

tcpdumpの実行結果を確認すると、送信元ポート番号が22222であることがわかります。

[root@server ~]# tcpdump -i ens33 port 11111 -nn
dropped privs to tcpdump
tcpdump: verbose output suppressed, use -v or -vv for full protocol decode
listening on ens33, link-type EN10MB (Ethernet), capture size 262144 bytes
20:44:16.447290 IP 192.168.2.115.22222 > 192.168.2.120.11111: Flags [S], seq 4037070127, win 29200, options [mss 1460,sackOK,TS val 1665434420 ecr 0,nop,wscale 7], length 0
20:44:16.447512 IP 192.168.2.120.11111 > 192.168.2.115.22222: Flags [S.], seq 106715132, ack 4037070128, win 28960, options [mss 1460,sackOK,TS val 715173567 ecr 1665434420,nop,wscale 7], length 0
20:44:16.448036 IP 192.168.2.115.22222 > 192.168.2.120.11111: Flags [.], ack 1, win 229, options [nop,nop,TS val 1665434420 ecr 715173567], length 0

7 IPv6オプションの使い方

ここでは、IPv6環境でのncコマンドの使い方を説明します。 サーバ、クライアントのIPv6アドレスは以下のとおりです。ともに、リンクローカルアドレスです。

client(ens33) --------------------------------------(ens33) server
fe80::34cf:b07d:d3f3:c23c/64                        fe80::8de4:812d:1d98:43e2/64

7.1 TCPソケットの使い方

サーバ側でncコマンドを実行します。 ncプロセスが、11111番ポートでListenするようにします。 -kは複数クライアントとTCPコネクションを同時に確立するためのオプションです。

[root@server ~]# nc -6 -kl 11111

もう1つターミナルを開きます。そして、lsofコマンドを実行します。 ncプロセスがLISTEN状態であることがわかります。

[root@server ~]# lsof -c nc -i -a -nP
COMMAND  PID USER   FD   TYPE DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
nc      2055 root    3u  IPv6  26570      0t0  TCP *:11111 (LISTEN)

クライアント側では、宛先を次のように指定します。 <サーバのIPv6アドレス>%<インタフェース名>

[root@client ~]# nc -6 fe80::34cf:b07d:d3f3:c23c%ens33 11111

次に、クライアントで"12345"と入力します。

[root@client ~]# nc -6 fe80::34cf:b07d:d3f3:c23c%ens33 11111
12345

サーバで受信したデータを確認します。 クライアントが送信した文字列を受信したことがわかります。

[root@server ~]# nc -6 -kl 11111
12345

lsofコマンドを実行します。 サーバとクライアント間でTCPコネクションが確立されていることがわかります。

[root@server ~]# lsof -c nc -a -i6 -nP
COMMAND  PID USER   FD   TYPE DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
nc      2683 root    3u  IPv6  52637      0t0  TCP *:11111 (LISTEN)
nc      2683 root    4u  IPv6  52638      0t0  TCP [fe80::34cf:b07d:d3f3:c23c]:11111->[fe80::8de4:812d:1d98:43e2]:35382 (ESTABLISHED)

7.2 UDPソケットの使い方

クライアントからのUDPパケットを11111番ポートで待ちます。

[root@server ~]# nc -6lu 11111

lsofコマンドを実行します。 UDPの11111番ポートで受信待ちであることがわかります。

[root@server ~]# lsof -c nc -i -a -nP
COMMAND  PID USER   FD   TYPE DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
nc      2058 root    3u  IPv6  24437      0t0  UDP *:11111

8 UNIXドメイオプションの使い方

ターミナルを2つオープンします。 それぞれ、ターミナル1、ターミナル2と呼びます。

ターミナル1でUNIXドメインのソケットを作成します。

[root@server ~]# nc -U -l /tmp/sock -vv
Ncat: Version 7.70 ( https://nmap.org/ncat )
Ncat: Listening on /tmp/sock

ターミナル2で12345と入力する。

[root@server ~]# nc -U /tmp/sock
12345

ターミナル1で受信した文字列を確認します。 ターミナル2で送信した文字列がターミナル1で受信できたことがわかります。

[root@server ~]# nc -U -l /tmp/sock -vv
Ncat: Version 7.70 ( https://nmap.org/ncat )
Ncat: Listening on /tmp/sock
Ncat: Connection from a client on Unix domain socket.
Ncat: Connection from .
12345

あと始末をします。作成したUNIXドメインソケットを削除します。

[root@server ~]# rm /tmp/sock
rm: ソケット '/tmp/sock' を削除しますか? y

9 ファイルの送信方法

9.1 基本的な使い方

クライアントからのファイル受信を待ちます。

[root@server ~]# nc -kl 11111 > sv.dat

サーバに送信するファイル(1M)を作成します。 なお、fallocateコマンドの使い方は、ファイルの作り方 - hana_shinのLinux技術ブログを参照してください。

[root@client ~]# fallocate -l 1M cl.dat

作成したファイルのファイルサイズを確認します。

[root@client ~]# ls -l cl.dat
-rw-r--r--. 1 root root 1048576 12月 20 21:50 cl.dat

作成したファイルのチェックサムを確認します。

[root@client ~]# md5sum cl.dat
b6d81b360a5672d80c27430f39153e2c  cl.dat

クライアントからサーバにファイルを送信します。

[root@client ~]# nc 192.168.2.100 11111 < cl.dat

Ctrl +c押下して、サーバ側のncプロセスを終了します。

[root@server ~]# nc -kl 11111 > sv.dat
^C
[root@server ~]#

ファイルサイズを確認します。 クライアントで作成したファイルサイズと同じであることがわかります。

[root@server ~]# ls -l sv.dat
-rw-r--r--. 1 root root 1048576 12月 20 21:53 sv.dat

次にチェックサム値を確認します。 クライアントで作成したファイルのチェックサムと同じであることがわかります。

[root@server ~]# md5sum sv.dat
b6d81b360a5672d80c27430f39153e2c  sv.dat

9.2 パケットの送信間隔を指定する方法(-d)

-dオプションを使うと、パケットの送信間隔を指定することができます。送信間隔は1ミリ秒単位で指定できます。 送信用のファイルを作成します。

[root@client ~]# fallocate -l 1M test.dat

作成したファイルを確認します。

[root@client ~]# ls -l test.dat
-rw-r--r--. 1 root root 1048576 12月 18 22:00 test.dat

サーバ側はTCPの11111番ポートでパケットを受信するようにします。

[root@server ~]# nc -kl 11111 > file.dat

パケットの送信間隔を確認するため、tcpdumpを実行します。

[root@server ~]# tcpdump -i any port 11111 -nn

クライアントからサーバに1秒間隔でパケットを送信します。

[root@client ~]# nc -d 1 192.168.2.120 11111 < test.dat

tcpdumpの実行結果を確認します。

クライアントからパケットを1秒間隔で受信していることがわかります。 なお、tcpdumpの最初の3行は無視してください。最初の3行はTCP 3way handshakeです。 ここでやりとりするパケットの送信間隔はあらかじめ決まっているので、アプリが変更することはできません。

[root@server ~]# tcpdump -i any port 11111 -nn
dropped privs to tcpdump
tcpdump: verbose output suppressed, use -v or -vv for full protocol decode
listening on any, link-type LINUX_SLL (Linux cooked v1), capture size 262144 bytes
22:18:31.329840 IP 192.168.2.115.53754 > 192.168.2.120.11111: Flags [S], seq 728896519, win 29200, options [mss 1460,sackOK,TS val 2473293355 ecr 0,nop,wscale 7], length 0
22:18:31.329963 IP 192.168.2.120.11111 > 192.168.2.115.53754: Flags [S.], seq 2181520658, ack 728896520, win 28960, options [mss 1460,sackOK,TS val 656406415 ecr 2473293355,nop,wscale 7], length 0
22:18:31.330527 IP 192.168.2.115.53754 > 192.168.2.120.11111: Flags [.], ack 1, win 229, options [nop,nop,TS val 2473293356 ecr 656406415], length 0
22:18:32.339211 IP 192.168.2.115.53754 > 192.168.2.120.11111: Flags [P.], seq 1:8193, ack 1, win 229, options [nop,nop,TS val 2473294363 ecr 656406415], length 8192
22:18:32.339329 IP 192.168.2.120.11111 > 192.168.2.115.53754: Flags [.], ack 8193, win 355, options [nop,nop,TS val 656407424 ecr 2473294363], length 0
22:18:33.353334 IP 192.168.2.115.53754 > 192.168.2.120.11111: Flags [P.], seq 8193:16385, ack 1, win 229, options [nop,nop,TS val 2473295377 ecr 656407424], length 8192
22:18:33.353407 IP 192.168.2.120.11111 > 192.168.2.115.53754: Flags [.], ack 16385, win 483, options [nop,nop,TS val 656408438 ecr 2473295377], length 0
22:18:34.367750 IP 192.168.2.115.53754 > 192.168.2.120.11111: Flags [P.], seq 16385:24577, ack 1, win 229, options [nop,nop,TS val 2473296392 ecr 656408438], length 8192
22:18:34.367823 IP 192.168.2.120.11111 > 192.168.2.115.53754: Flags [.], ack 24577, win 611, options [nop,nop,TS val 656409453 ecr 2473296392], length 0
-snip-

10 サーバ側でコマンドを実行する方法(-e)

サーバ側で以下のようにコマンドを実行します。

[root@server ~]# nc -kl 11111 -e /usr/bin/bash

クライアントでhostnameコマンドを実行すると、サーバのホスト名が表示されることがわかります。

[root@client ~]# nc 192.168.2.100 11111
hostname
server

11 改行コードを変更する方法(-C)

送信パケットの改行コードを変更する方法について説明します。 デフォルトでは、改行コードは0x0aですが、オプションを指定すると0x0d 0x0aになります。

11.1 デフォルト時の改行コード確認

TCPの11111番ポートでTCPコネクション確立を待ちます。

[root@server ~]# nc -kl 11111

tcpdumpを実行します。このとき-xオプションを指定します。 -xオプションは、パケットの中身をASCII表示するためのものです。

[root@server ~]#  tcpdump -p -i eth0 dst port 11111 -x

サーバにTCPコネクションを確立します。

[root@client ~]# nc 192.168.2.100 11111

TCPコネクションが確立したら、5を入力します。

[root@client ~]# nc 192.168.2.100 11111
5

tcpdumpの実行結果を確認します。 5のあと(5はASCIIコードで0x35です)、0x0aが表示されているのがわかります。

[root@server ~]#  tcpdump -p -i ens33 dst port 11111 -x
tcpdump: verbose output suppressed, use -v or -vv for full protocol decode
listening on ens33, link-type EN10MB (Ethernet), capture size 262144 bytes
22:34:31.871198 IP 192.168.2.105.60638 > server.vce: Flags [P.], seq 1048326853:1048326855, ack 2651245960, win 229, options [nop,nop,TS val 22499620 ecr 22621151], length 2
        0x0000:  4500 0036 1a4d 4000 4006 9a57 c0a8 0269
        0x0010:  c0a8 0264 ecde 2b67 3e7c 32c5 9e06 cd88
        0x0020:  8018 00e5 45dc 0000 0101 080a 0157 5124
        0x0030:  0159 2bdf 350a

11.2 オプション指定時の改行コード確認

改行コードを0x0d 0x0aに変更するため、-Cオプションを指定してncコマンドを実行します。 そして、例として5を入力します。

[root@client ~]# nc -C 192.168.2.100 11111
5

tcpdumpの実行結果を確認します。 5のあと(5はASCIIコードで0x35です)、0d 0aが表示されているのがわかります。

[root@server ~]#  tcpdump -p -i ens33 dst port 11111 -x
22:45:01.473096 IP 192.168.2.105.60642 > server.vce: Flags [P.], seq 0:3, ack 1, win 229, options [nop,nop,TS val 23129222 ecr 23255866], length 3
        0x0000:  4500 0037 4ea5 4000 4006 65fe c0a8 0269
        0x0010:  c0a8 0264 ece2 2b67 25fc 9953 f756 8f81
        0x0020:  8018 00e5 87ac 0000 0101 080a 0160 ec86
        0x0030:  0162 db3a 350d 0a

12 TCPコネクションの同時接続数を指定する方法(-m)

12.1 TCPコネクションを1つに制限する方法

ncサーバが同時に接続できるクライアント数を1に制限してみます。

[root@server ~]# nc -m 1 -kl 11111

クライアンでncコマンドを実行します。

[root@client ~]# nc 192.168.2.100 11111&
[1] 2770
[root@client ~]# nc 192.168.2.100 11111&
[2] 2771

[1]+  停止                  nc 192.168.2.100 11111

もう1つ、サーバ側でターミナルをオープンします。 TCPコネクションを確認すると、1つしか確立できていないことがわかります。 なお、lsofコマンドは、lsofコマンドの使い方 - hana_shinのLinux技術ブログを参照してください。

[root@server ~]# lsof -i4:11111 -n -a -P
COMMAND  PID USER   FD   TYPE DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
nc      2774 root    4u  IPv4  43277      0t0  TCP *:11111 (LISTEN)
nc      2774 root    5u  IPv4  43278      0t0  TCP 192.168.2.100:11111->192.168.2.105:42318 (ESTABLISHED)

12.2 TCPコネクションを2つに制限する方法

ncサーバが同時に接続できるクライアント数を2に制限してみます。

[root@server ~]# nc -m 2 -kl 11111

クライアンでncコマンドを実行します。

[root@client ~]# nc 192.168.2.100 11111&
[1] 2905
[root@client ~]# nc 192.168.2.100 11111&
[2] 2906
[root@client ~]# nc 192.168.2.100 11111&
[3] 2907

もう1つ、サーバ側でターミナルをオープンします。 TCPコネクションを確認すると、2つしか確立できていないことがわかります。

[root@server ~]# lsof -i4:11111 -n -a -P
COMMAND  PID USER   FD   TYPE DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
nc      2966 root    4u  IPv4  44697      0t0  TCP *:11111 (LISTEN)
nc      2966 root    5u  IPv4  44747      0t0  TCP 192.168.2.100:11111->192.168.2.105:42336 (ESTABLISHED)
nc      2966 root    6u  IPv4  44748      0t0  TCP 192.168.2.100:11111->192.168.2.105:42338 (ESTABLISHED)

13 proxyオプションの使い方

ncコマンドを実行します。 このとき、ncプロセスは、8080番ポートでListenするようにします。

[root@server ~]# nc -l 8080 --proxy-type http

lsofコマンドを実行します。 ncプロセスがTCPの8080番ポートでListenしていることがわかります。

[root@server ~]# lsof -c nc -i -a -nP
COMMAND  PID USER   FD   TYPE DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
nc      2038 root    3u  IPv6  26836      0t0  TCP *:8080 (LISTEN)
nc      2038 root    4u  IPv4  26837      0t0  TCP *:8080 (LISTEN)

TCPの8080番ポートへのアクセスを許可します。

[root@server ~]# firewall-cmd --add-port=8080/tcp
success

次にクライアントでcurlコマンドを実行します。

curlコマンドのアクセス先は、東京都のHPにしてみます。 応答が、HTTP/1.0 200 OKとなっているので、正しくアクセスできていることがわかります。

[root@client ~]# curl -I -x http://192.168.2.100:8080 https://www.metro.tokyo.lg.jp/
HTTP/1.0 200 OK

HTTP/1.1 200 OK
Last-Modified: Mon, 27 Dec 2021 08:03:47 GMT
ETag: "480f669-61de-5d41c24e95ec0"
Accept-Ranges: bytes
Content-Length: 25054
X-XSS-Protection: 1;mode=block
X-Content-Type-Options: nosniff
Content-Type: text/html
X-Frame-Options: SAMEORIGIN
Date: Mon, 27 Dec 2021 10:56:07 GMT
Connection: keep-alive

14 TCPコネクション確立、解放時のシーケンス

TCPコネクションの確立、解放シーケンス - hana_shinのLinux技術ブログ

Z 参考情報

私が業務や記事執筆で参考にした書籍を以下のページに記載します。 Linux技術のスキルアップをしよう! - hana_shinのLinux技術ブログ